契約社員とは

契約社員とは

更新日:

契約社員とは

契約社員、準社員、嘱託、非常勤、臨時社員など呼び方は様々です。

(1) 専門職として1年契約をする社員

(2) 期間の定めはないが非常勤で経験や技術を活かして働く者

(3) 定年後も引き続き勤める嘱託契約の労働者などこれらを「契約社員」と呼んでいる会社もあります。

※なぜ契約社員になったのか

(1) 専門的な資格・技能が活かせるから 41.0%

(2) 正社員として働ける会社がなかったから 34.4%

(3) 家計の補助、学費等を得たいから 16.9%

(3) 通勤時間が短いから 16.9%

(5) 家庭の事情(家事・育児・介護等)や他の活動(趣味・学習等)と両立しやすいから 12.4%

(6) 自分で自由に使えるお金を得たいから 11.9%

(7) 自分の都合のよい時間に働けるから 11.8%

(8) 勤務時間や労働日数が短いから 7.8%

就業形態の多様化に関する総合実態調査(平成22年、複数回答)

派遣に比べると組織に縛られることへの忌避は低く、パートに比べると自由時間への欲求も少ない。

専門性への指向が強いのだが、正社員として働ける職場がなかったので・・・というのが契約社員の傾向として出ています。

3割程の人は正社員になりたいと考えていますが、そのときは、今の会社での正社員化を望む人が多いようです。
(1)労働契約と請負契約・委託契約

(2)労働契約と間違えやすいのが「請負契約」と「委託契約」です。

(3)労働契約と請負契約や委託契約との大きな違いは次の通りです。

(4)労働形態 就業時間・就業場所の指定 仕事上の指揮命令 労働法の適用

(5)労働契約 あり あり あり

請負契約
委託契約 なし なし なし
請負契約や委託契約であっても、実態(就業時間や就業場所、指揮命令など)として労働契約であると判断される場合は、労働法が適用される労働者となります。

※契約の意味
労働契約を結ぶと、契約に基づいて労働者は労働カを提供し、会社はこれに賃金を支払う、という義務が労使それぞれに生じます。

契約書が交わされる場合はもちろんですが、口約束であっても契約は成立します。
ただし、トラブルが起きた場合、口約束の内容を証明することは非常に因難です。

トラブルを末然に防ぐためにも、労働契約は文書で行いましよう。
正社員が辞めれば、その穴埋めは契約社員で、契約社員が辞めれば派遣社員で補う。しかし、契約社員が採用できたら派遣社員は打ち切る――といった具合だ。

契約社員は中途採用で採るため、派遣社員よりスキルが高いし、直接雇用している分、残業させるにも使い勝手が良い。

 

スポンサードリンク

おすすめランキング

1

  厚生労働省は、職場における「パワーハラスメント」の定義を発表し、報告書をネット上で公開しました。 定義は以下のように難しいけど、簡単にいうと、みんなが思っているように「上司からの圧力」で ...

2

パワハラ上司は臆面もなく弱いものいじめを行うものです。 自分の気分次第で襲ってくるので、周りはいつもびくびくしてなければなりません。   職場はピリピリムード、張り詰めた空気のオフィスには「 ...

3

よく言われるパワハラの具体的な例です。これ以外にも考えられる言動や行動はたくさんあります。 みなさんもこのような事が身の回りで起きてないか確認しましょう。 目次1 パワハラの5つの事例1.1 1. パ ...

-契約社員とは

Copyright© 労働・転職相談24時 , 2018 AllRights Reserved.