社内いじめ及び男女差別の判例集

会社でいじめがおきる原因

投稿日:

何故職場でいじめが起きるのか

多くの人にとって、職場の人間関係は悩みの種ではないでしょうか。価値観の違う人間同士が狭い空間を共有して一日の大半を過ごすわけですから、ストレスを感じることが多々ありますね。

特定の人に対して苦手意識を感じたりすることも当然あります。心の中で苦手に思っているだけならよいのですが、ときには周囲を巻き込んでのいじめに発展することがあります。会社でいじめにあう原因には、いくつかのパターンがあります。

コミュニケーション不足

会社での人間関係の問題がいじめに発展する場合、たいていの原因はコミュニケーション不足にあります。あいさつをしない。「ありがとう」「ごめんね」といった気遣いの言葉がない。

話しかけてもそっけない、などです。日々のコミュニケーションができていないと、ちょっとした誤解を生む可能性が高くなります。

例えば、ある人に話しかけたとき、返事がそっけなかったと感じた場合です。いつもコミュニケーションできている相手であれば、「今日はムシの居所が悪かったのかな」と済ませられることでも、普段のコミュニケーションができていない場合、話しかけた人は相手に対して「そっけない人」というネガティブなレッテルをはってしまいいます。

人間は、わからない相手に警戒心を抱くものです。わからない相手は怖いので、排除したくなるのです。これが会社でのいじめにつながります。

仕事能力の違い

会社での人間関係の問題がいじめに発展する原因の多くが、仕事に対する能力の相違にあります。人間の能力は異なり、それぞれの能力には長所も短所もあります。

例えば、仕事の速い人は、早くこなすことはできても、見落としやミスが多いかもしれません。逆に遅い人は、時間はかかりますが、丁寧な仕事ができる場合があります。相手の長所が見えないと、短所ばかりが目につきます。「あの人はミスばかりする」、「あの人は作業が遅くて困る」といった不満となり、ときとして衝突をおこすことがあります。

社内の空気に馴染まない

適応力の問題です。これも会社でのいじめの原因になります。会社には、独特の「空気」があるものです。その空気に馴染まない人は、会社でのいじめにあう可能性が高いです。

例えば、明るくおしゃべりな人が多い会社で、物静かで話しかけても反応が薄い人が混じっていると、反感をかうことがあります。特に日本社会に顕著ですが、集団においては、異質なものを排除したがる傾向が強いのです。

 

おすすめランキング

1

  厚生労働省は、職場における「パワーハラスメント」の定義を発表し、報告書をネット上で公開しました。 定義は以下のように難しいけど、簡単にいうと、みんなが思っているように「上司からの圧力」で ...

2

パワハラ上司は臆面もなく弱いものいじめを行うものです。 自分の気分次第で襲ってくるので、周りはいつもびくびくしてなければなりません。   職場はピリピリムード、張り詰めた空気のオフィスには「 ...

3

よく言われるパワハラの具体的な例です。これ以外にも考えられる言動や行動はたくさんあります。 みなさんもこのような事が身の回りで起きてないか確認しましょう。 目次1 パワハラの5つの事例1.1 1. パ ...

-社内いじめ及び男女差別の判例集

Copyright© 労働・転職相談24時 , 2018 AllRights Reserved.