偽装請負とは

派遣元事業主が法律違反を行った場合

投稿日:

次の場合、許可の取消、事業廃止命令または事業停止命令を受けることがあります

1、欠格事由に該当するとき

2、労働者派遣法または職業安定法に違反したとき

3、許可条件に違反したとき労働関係法に違反した場合には、改善命令を受ける場合があります。

4、専ら特定の者に役務の提供を行うことを目的として労働者派遣事業を行うときには、目的または内容の  変更について勧告を受けることがあります。(派遣労働者に占める60歳以上の定年退職者が、3割以上  である場合には勧告の対象とはなりません。)

5、その他派遣労働者の適正な就業を確保するために、必要に応じ指導、助言を受けることがあります。

6、許可を受けずまたは届出をせずに労働者派遣事業を行ったときや派遣先が派遣受入期間の制限に違反す  ることとなる最初の日以降継続して労働者派遣を行ったとき等の場合には罰則の対象となります。

おすすめランキング

1

  厚生労働省は、職場における「パワーハラスメント」の定義を発表し、報告書をネット上で公開しました。 定義は以下のように難しいけど、簡単にいうと、みんなが思っているように「上司からの圧力」で ...

2

パワハラ上司は臆面もなく弱いものいじめを行うものです。 自分の気分次第で襲ってくるので、周りはいつもびくびくしてなければなりません。   職場はピリピリムード、張り詰めた空気のオフィスには「 ...

3

よく言われるパワハラの具体的な例です。これ以外にも考えられる言動や行動はたくさんあります。 みなさんもこのような事が身の回りで起きてないか確認しましょう。 目次1 パワハラの5つの事例1.1 1. パ ...

-偽装請負とは

Copyright© 労働・転職相談24時 , 2018 AllRights Reserved.