パワハラとは

パワハラを起こした責任

更新日:

パワハラの会社の責任と当事者の責任

パワハラ行為が行われた場合の責任については、会社が負う責任と、パワハラをした当事者の責任の両方責任があります。

パワハラ行為は、法律上不法行為とされ、行った個人に対して慰謝料を請求できることになります。

また、会社も雇用している社員に対しては、その職場環境を適正なものに保つ責任があり、その責任に違反してパワハラ行為が起こってしまった場合には損害を賠償しなければなりません。

このように、パワハラ行為に対しては、会社と当事者個人の両方に損害賠償を求めることができるのです。

おすすめランキング

1

  厚生労働省は、職場における「パワーハラスメント」の定義を発表し、報告書をネット上で公開しました。 定義は以下のように難しいけど、簡単にいうと、みんなが思っているように「上司からの圧力」で ...

2

パワハラ上司は臆面もなく弱いものいじめを行うものです。 自分の気分次第で襲ってくるので、周りはいつもびくびくしてなければなりません。   職場はピリピリムード、張り詰めた空気のオフィスには「 ...

3

よく言われるパワハラの具体的な例です。これ以外にも考えられる言動や行動はたくさんあります。 みなさんもこのような事が身の回りで起きてないか確認しましょう。 目次1 パワハラの5つの事例1.1 1. パ ...

-パワハラとは

Copyright© 労働・転職相談24時 , 2018 AllRights Reserved.