パワハラとは

パワハラの人事権行使の乱用

更新日:

パワハラ乱用と認められるかどうかの判断

具体的には、以下の(1)~(3)のいずれかに該当する場合には、パワハラの乱用とみなされ違法になると考えられます。

  1. 当該業務命令等が、業務上の必要性に基づいていないもの
  2. 外形上業務上の必要性があるように見える場合でも)、当該命令等が不当労働行為目的や退職強要目的など社会的に見て不当な動機・目的に基づきなされていること
  3.  当該命令等が労働者に対して通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を与えること。全日本空輸事件 (大阪地裁 平成11.10.18)では、退職勧奨が強要に当たるとされましたが、その認定によるところでは、次のような事実が明らかになっています(慰謝料50万円が認容)。

当事者の上司に当たる人たちは、約4ヶ月にわたり、復職のため30数回もの面談・話し合いを行った。中には約8時間もの長時間に及ぶものがあった。

この面談において、上司らは原告に対し、「能力がない」「寄生虫」「他の者の迷惑」などと述べ、原告がほとんど応答しなかったことから大声を出したり、机をたたいたりした。

また、一連の面談の中には、原告が断っているにもかかわらず、同人が居住する寮まで赴き実施したものがあったほか、原告の家族にも直接会って、退職するよう説得してくれとも述べた。

おすすめランキング

1

  厚生労働省は、職場における「パワーハラスメント」の定義を発表し、報告書をネット上で公開しました。 定義は以下のように難しいけど、簡単にいうと、みんなが思っているように「上司からの圧力」で ...

2

パワハラ上司は臆面もなく弱いものいじめを行うものです。 自分の気分次第で襲ってくるので、周りはいつもびくびくしてなければなりません。   職場はピリピリムード、張り詰めた空気のオフィスには「 ...

3

よく言われるパワハラの具体的な例です。これ以外にも考えられる言動や行動はたくさんあります。 みなさんもこのような事が身の回りで起きてないか確認しましょう。 目次1 パワハラの5つの事例1.1 1. パ ...

-パワハラとは

Copyright© 労働・転職相談24時 , 2018 AllRights Reserved.