パワハラとは

社内いじめ=パワーハラスメント

投稿日:

パワハラは許せぬ不法行為

1、職場におけるいじめや嫌がらせは,人格権を侵害する不法行為です。

2、いじめや嫌がらせを受けた場合,後々争いになった時、証拠の為に,言動を書面などに記録しておきま  しょう。

人格権の侵害

1、パワハラは、労働者の名誉やプライバシーなどの人格権を侵害する行為であり,不法行為として損害賠  償責任が生じます。

2、人格権とは,人の生命・身体・自由・名誉・名前・貞操・信用など,法的保護の対象となる人格的な利  益のことをいいます(「法律学小辞典」有斐閣)。民法第710条は,身体・自由・名誉だけを挙げてい  ますが,これは例示であって,人格権には信用や名前なども含まれると解されています。

パワーハラスメントを受けた対応

パワハラに当たる言動の具体的な状況を,日時や場所,周囲の状況などとともに,書面に書き留めておきましょう。

それをもって,上司や人事労務担当者などに職場環境の改善を求め,必要がある場合には,配置替えなどを要求しましょう。

パワハラにあった場合、同僚に理解を求め,サポートしてもらうのが一番ですが,場合によっては,上司や同僚など職場ぐるみでいじめを行うケースもあります。

最終的には,司法機関に訴えて,行為者にいじめをやめるよう求める仮処分を申請したり,人格権の侵害として損害賠償を求めることとなります。

パワーハラスメントについて

1、職権などのパワーを背景にして,

2、本来業務の範疇を超えて,

3、継続的に,

4、人格と尊厳を傷つける言動を行い,

5、労働者の働く環境を悪化させたり,雇用不安を与えること

などと定義されていますが,セクハラと異なり法令上の根拠はなく,裁判例においても一般的に認められるまでに至っていません。

ただし,最近の裁判例の中に,就業規則中の「パワーハラスメント」の規定を前提にしてではありますが,上司が部下について「やる気がないなら,会社を辞めるべき,あなたの給料で非常勤職員が何人も雇える,これ以上迷惑をかけないで下さい」といった趣旨の文章をポイントの大きな赤字で作成し,本人を含む部下十数名にメールで送信したケースにつき,パワー・ハラスメントの意図があったとまではいえないが(このメールの目的は部下を「叱咤督促」することにあり,表現方法は別として,目的は是認できるとしています),名誉毀損にあたるとして慰謝料5万円を認めたものがあります(A保険会社上司(損害賠償)事件・東京高判平成17年4月20日)

 

おすすめランキング

1

  厚生労働省は、職場における「パワーハラスメント」の定義を発表し、報告書をネット上で公開しました。 定義は以下のように難しいけど、簡単にいうと、みんなが思っているように「上司からの圧力」で ...

2

パワハラ上司は臆面もなく弱いものいじめを行うものです。 自分の気分次第で襲ってくるので、周りはいつもびくびくしてなければなりません。   職場はピリピリムード、張り詰めた空気のオフィスには「 ...

3

よく言われるパワハラの具体的な例です。これ以外にも考えられる言動や行動はたくさんあります。 みなさんもこのような事が身の回りで起きてないか確認しましょう。 目次1 パワハラの5つの事例1.1 1. パ ...

-パワハラとは

Copyright© 労働・転職相談24時 , 2018 AllRights Reserved.